高齢者の在宅福祉サービス

2008年2月4日

配食サービス

介護認定(食事) ひとり暮しの高齢者や高齢者世帯などで、調理が困難な方を対象に、希望により月曜日から金曜日までの週5日(年末年始・祝祭日を除く)、見守りを兼ねて昼食及び夕食を配達するサービス。
 (1食:500円)

 

〈利用までの流れ〉

 相談⇒申請⇒ご自宅に訪問して調査⇒利用審査会にて利用の可否を決定⇒配食開始

 

配食サービス利用申請書.doc(40.5KBytes)配食サービス変更(中止)申請書.doc(39.0KBytes)

 

 

緊急通報装置の設置

ひとり暮らしの高齢者や高齢者世帯などで慢性疾患等により日常生活に常時注意を要する方に対し、緊急時にボタン操作一つで消防署につながる機器や携帯用発信機及び火災センサーを取り付け、緊急時の連絡体制を整える。

(利用料:無料)介護認定(老人)

 

〈利用までの流れ〉

 相談⇒申請⇒ご自宅に訪問して調査⇒利用審査会にて利用の可否を決定⇒機器の設置⇒利用開始

 

緊急通報システム利用申請書.xlsx(21.7KBytes)承諾書兼誓約書.docx(15.3KBytes)協力員登録承諾書.docx(16.7KBytes)

緊急通報システム変更届出書.xlsx(19.6KBytes)緊急通報システム利用取消届出書.xlsx(17.7KBytes)

 

介護用品(紙おむつ・防水シーツ)の給付

 要介護4または5と認定された高齢者を在宅で常時介護し生計を同じくしている住民税非課税世帯の介護者に対し、介護に必要な紙おむつ・防水シーツの購入費用のうち年間60,000円(月5,000円)を上限に購入後に給付する。        

 紙おむつ.jpg

 〈利用~給付までの流れ〉

  申請⇒適否を審査⇒決定⇒介護者において紙おむつ購入⇒請求書に領収書を添えて提出⇒口座に振込

 

 

介護用品給付登録申請書.docx(18.1KBytes)請求書.docx(19.6KBytes)

 

 

家族介護慰労金の給付

 要介護4または5と認定された高齢者を在宅で常時介護し生計を同じくしている住民税非課税世帯の介護者であり、かつ過去1年間において介護保険サービスを利用せずに介護している家族に対し、年額100,000円を給付する。

 

 〈給付までの流れ〉

  申請⇒適否を審査⇒決定⇒請求書を提出⇒口座に振込

 

家族介護慰労金申請書.docx(18.3KBytes)

 

 

☆詳しくはパンフレットをご覧ください。

南伊豆町在宅福祉サービスパンフレット.pdf(150KBytes)

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

福祉介護課
電話:0558-62-6233