【要望調査】観光地ワーケーション受入環境整備促進事業対象施設の補助金活用要望について(〆切6月25日)

2021年5月31日

静岡県が新たに創設した観光地ワーケーション受入環境整備促進事業費補助金は、県内の宿泊客数を増加させ、本県の観光産業の発展を図るため、県内の宿泊施設においてワーケーション(※)の受入が促進されるよう、ワーケーション受入計画を策定した市町及び当該市町の宿泊事業者に対し、ワーケーションの受入れに必要なワークスペースやWi-Fi環境の整備等に係る経費について補助する制度です。

 

本事業の実施については、補助金の活用を希望する事業者から事前に事業内容の調査及び関連書類を徴収し、それらの内容を記載した事業計画を町が作成し、静岡県への申請及び認定を受ける必要があります。

 

つきましては、本事業を活用したい事業者様の要望調査を実施しますので以下の内容をご確認の上、6月25日(金)の17時までに商工観光課(0558-62-6300)までご連絡ください。

 

※ワーケーションとは仕事(ワーク)と休暇やその他の活動(代表的なものとしてのバケーション)を組み合わせた造語であり、テレワーク等を活用して南伊豆町内で働きながら休暇、観光、副業、地域との交流、その他南伊豆地域で

 体験できる活動を行うワークスタイルなどのことを指します。

 

 

【補助金制度の内容】

 

1.想定する事業

  (1) 宿泊施設の一部をワークスペースに改修

  (2) ワークスペースの備品の購入(パソコン机、パソコン用椅子、パーテーション、プリンター等)

  (3) Wi-Fi環境の整備

 

  ※施設の新設は対象外

  ※消耗品は除く

  ※人件費やWi-Fiのランニングコスト、レンタル・リース費用、予備機器、広報経費は対象外

 

2.補助対象経費

  (1) 機器購入費用

  (2) 設置費用

  (3) 設置に伴う関連工事費用

  (4) 設計・工事・管理費用

  (5) 雑役務費用

  (6) 諸経費

 

3.補助対象者

  町内宿泊事業者であって以下の要件を全て満たすもの

  (1) 本事業の対象となる施設が南伊豆町内に存在する施設であること

  (2) 応募時点において納期の到来した町税その他町に対して納付すべき料金等の滞納がないこと

  (3) 助対象事業を円滑に遂行するために必要な経営基盤を有し、かつ、資金等について十分な管理能力を有している者であること

  (4) 申請者(法人及びその役員等を含む。)が、南伊豆町暴力団排除条例(平成24年条例第2号)第2条に掲げる暴力団又は暴力団員及びそれらの利益となる活動を行うものでないこと

  (5) 町と連携してサテライトオフィス等誘致事業に取組むものであること

 

4.補助率

  事業費の1/2

  ※但し、予算の範囲内(最大3,000万円以内)

 

5.事業費下限額

  1事業者当たり50万円

 

6.補助金要望に必要な提出書類

  (1) 事業対象施設図面(整備箇所を明らかにした施設全体の平面図及び施設位置図)

  (2) 事業対象施設写真(整備箇所及び施設外観)

  (3) 関係法令に適合した施設であることを証する書類

  (4) 町税等の完納証明

  (5)見積書等費用積算根拠となる書類

 

7.注意事項

  (1) 施設の新設は対象外

  (2) 消耗品は除く

  (3) 宿泊事業者の人件費など計上経費は対象外

  (4) ランニングコストやレンタル・リース費用、予備機器、広報経費は対象外

 

8.補助金交付までのフロー(予定)  

  (1) 補助金活用に関する事前相談・・・6月11日(金)17時まで

  (2) 要望に必要な資料の提出・・・6月25日(金)17時まで

  (3) 事業者要望をまとめた計画書を町が作成→静岡県に提出

  (4) 静岡県から町に計画の認定通知

  (5) 事業者から町へ補助金申請(別途、町が策定する補助金交付要綱に基づく)

  (6) 町から事業者へ補助金交付決定を通知→事業着手(9月下旬頃)

  (7) 事業者から町へ事業の完了報告を提出(12月下旬)

  (8) 町から事業者へ補助金交付確定を通知→請求書の提出(令和4年1月)

  (9) 町から事業者へ補助金支払い(令和4年2月上旬)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

お問い合わせ

商工観光課
商工振興係
電話:0558-62-6300