新型コロナウイルス感染拡大に伴うGW期間中における休業要請について

2020年5月1日

町長からGW期間中の休業要請
GW期間中の休業要請

 新型コロナウイルス感染症は、首都圏をはじめとして拡大しており、緊急事態宣言も全国規模となっておりますが、感染拡大を抑制するため本日開催した南伊豆町新型インフルエンザ等対策本部会議において、GW期間中の休業要請及びそれに対する協力金の支払いを決定しました。

 当町では、毎年大型連休には首都圏等から多くの観光客に訪れていただいており、観光を主要産業とする当町の立場としては苦渋の決断でありますが、感染拡大地域からの人の流入を抑制するため、4月29日から5月6日までの8日間について、年間を通じて営業されている事業所のうち、宿泊業、飲食業、観光施設、遊漁船・渡船業、ダイビング業の方々に休業を要請するとともに、休業に応じていただいた事業所に対しては一律20万円の協力金を支払うこととしました。

 何としても感染拡大を防ぐため、早期の事態収束に向けて皆様のご協力をお願いいたします。

 



令和2年4月22日
南伊豆町長 岡部克仁

 

要旨および目的

 南伊豆町では、政府の緊急事態宣言の拡大を受け、町内の新型コロナウイルス感染症拡大の防止策として、感染源の一つとして想定される観光交流客の受入れを制限するため、観光業を対象にGW期間中の営業について休業要請をします。
 なお、休業要請にご協力いただいた事業所に対しては、休業要請協力金として20万円を支給します。

 

概要

●要請期間 令和2年4月29日(水)~5月6日(水)
●対象事業者 : 

 

宿泊業、飲食業、観光施設、遊漁船・渡船業、ダイビング業

 ◎以下の条件を休業要請が始まる4月29日前に満たしていること。

       

  ※ 年間を通じて営業していること。

  ※ 南伊豆町内にある事業所で、かつ事業主個人も町内に住所を有していること。

  ※ 南伊豆町商工会、(一社)南伊豆町観光協会の会員であること。

●対象事業者数 約200事業者
●休業要請協力金 一律20万円
●事務取扱機関 南伊豆町商工会 (電話:0558-62-0675)
●申請期間

令和2年5月7日(木)~5月15日(金)  消印有効  【期限厳守】 

 

●申請書類

 

平日のみの受付けになります。        商工会へ持参、または郵送にて提出してください。

1.申請書一式 (様式第1号~3号)

   

2.休業が証明できるもの (休業要請期間に店舗が休業している状況が明らかに判るもの)

        例えば… ホームページで休業をお知らせする記事のコピー、

           店舗や事業所の入口に休業のお知らせを掲示した近景と全景写真、

           お客様への休業の通知やチラシ、

           宿泊予約画面や予約サイトで、休業要請期間中は、休業して予約が不可に

           なっている画面のコピー、

           外から見て休業要請期間と休業している状況が明らかに判断できる写真

                                     …などを用意してください。

   

※対象事業者には、事前に申請関係書類が届きます。

 

 

●注意事項    :1. 年間を通じて営業をされている事業所が交付の対象となっており営業が一定期間に

                                限られている事業者などは該当いたしません。このため、前年にかかる青色申告決算書の

                                「月別売上金額及び仕入れ金額」等に加え、貴事業所周辺地区での確認調査結果により、

                                誓約書に従い協力金を返還していただくことがありますので御承知おきください。

 

                  2.事業主が町内に住民票があり、同一世帯において協力金の対象事業を重複して

                               営業されている方、又は複数の事業所を展開されている場合であっても、

                               1世帯の給付額は上限20万円となります。

お問い合わせ

商工観光課
電話:0558-62-6300