令和元年度「静岡県年末年始無災害運動」について(周知)

2019年11月26日

●運動趣旨

静岡県の労働災害について、死亡者数は平成25年及び平成28年には25人と過去最少となったが、平成29年・30年は33人となっている。

また、休業4日以上の死傷者数は平成25年には3,986人と4,000人を初めて下回ったものの、翌年の平成26年以降は各年4,000人を上回り、かつ平成28年から3年連続の増加で、平成30年は4,429人となっている。

令和元年は10月末現在、死亡者数は11人で前年同期と比べ18人(62.1%)の減少となっているものの、休業4日以上の死傷者数は3,241人で前年同期と比べ69人(2.2%)の増加となっている。

このような状況の中、年末年始を迎え、店頭災害など労働災害の増加が懸念される時期となることから、年末から年始にかけ、死亡災害の撲滅と災害ゼロを目指して、以下の基本的観点に立ち、令和元年度「静岡県年末年始無災害運動」を県下一斉に展開することとする。

 

 

●基本的観点

 ・いかなる時代にあろうとも、「労働災害は本来あってはならないもの」であり、労働災害防止は企業の社会的責任であること

 ・「安全優先」の思想は先人の尊い犠牲によるものであり、「安全のルール」はその貴重な教訓であること

 ・一人の不安全行動は、他の人の不安全行動を招き、多数の災害を誘発する恐れがあること

 ・無事故の帰宅は、本人を取り巻くすべての人の当然且つ切なる願いであること

    

●スローガン

  「無事故でつなぐ令和の輪 みんなが笑顔の年末年始」

 

●重点実施項目

 ・転倒災害の防止

 ・墜落・転落災害の防止

  ※特に大掃除の際の転落注意!!(はしご・脚立は正しい方法で使用する)

 ・はさまれ・巻き込まれ災害の防止

 

●運動期間

 令和元年12月1日~令和2年1月15日

 

●問い合わせ

 静岡県労働局労働基準部健康安全課

 (電話)054-254-6314

お問い合わせ

商工観光課
電話:0558-62-6300