古着・古布回収を開始します

2014年3月27日

古着・古布回収事業

 

 南伊豆町では、これまで家庭から出された古着などの古布を「燃えるごみ」として処分してきました。しかし、その中にはリサイクルが可能な「古着・古布」が多く含まれています。

 ごみの減量を進めるため、4月から古着・古布の回収ボックスを設置し、「古着・古布回収」を始めます。

 回収した古着・古布は、主に海外でリユース(再利用)されます。

 

古着・古布として出せるものって何?

 新品、古着を問わず、衣類やかばん、靴などの衣料品全般、毛布やタオル、ぬいぐるみなどの布製品などが回収の対象となります。詳しくは、下の表を参考にしてください。

衣類

シャツ、ズボン、ジーンズ、スーツ、ワイシャツ、ジャケット、コート、ジャンパー、子供服、着物、帯、靴下、下着、手袋、スカーフ、帽子、ネクタイなど

衣類以外

ベルト、くつ(長靴を除く。)、かばん(バッグ)、毛布、シーツ、タオル、ハンカチ、ぬいぐるみなど

 

※「穴が開いている」「破れている」「片方しかない(靴、靴下、手袋など)」「シミが付いている」ものでもかまいません。

※革製品も回収の対象となります。

 

 出せないものってあるの?

 枕、カーペット、マットレスなどの布製品は回収できません。

 多量の油や泥のついたもの、臭いがひどいもの、濡れているものは回収できません。

 これらの衣類などは、これまでどおり「可燃ごみ」として出してください。

 

 どうやって出したらいいの?

 「衣類(小物やぬいぐるみを含む。)」「かばん」「くつ」の3種類に分けて、それぞれ別々の袋(中身が確認できるビニール袋)に入れ、口をしばって出してください。

○靴、靴下、手袋など左右一対のものを出すときは、バラバラにならないように束ねてから袋に入れてください。

○洗濯をしてから出してください。(洗濯後に自宅で保管していたものは、そのまま出してください。ベルトやぬいぐるみなど洗濯できないものは、汚れを落としてそのまま出してください。)

 

どこに出したらいいの?

 南伊豆郷土館1階にある「古着・古布回収ボックス」に出してください。

 古着・古布回収ボックスの利用時間は、月曜日から金曜日までの午前9時から午後4時までとなります。ただし、閉庁日は利用できませんのでご注意ください。

 

出す前に、もう一度確認を!!

① 袋に入れたものは、洗濯してありますか?

     洗濯後、自宅で保管していたものは、洗濯する必要はありません。

     ベルトやかばんなど洗濯できないものは、汚れを落としてそのまま出してください。

 

② 靴、靴下、手袋などは、束ねてありますか?

     左右一対となったものを出すときは、バラバラにならないよう束ねて出してください。

 

③ 濡れているものは入っていませんか?

     濡れているものは回収できません。乾かしてから出してください。

 

④ 油や泥のついたもの、匂いがひどいものは入っていませんか?

     これらのものは「可燃ごみ」として出してください。

 

⑤ かばんやポケットの中に、貴重品などは入っていませんか?

     必ず中身を確認し、何も入っていない状態で出してください。

 

⑥ 衣類・かばん・くつは、別々の袋に分けて入れてありますか?

     必ず別々の袋に入れて、出してください。

 

⑦ 袋の口は、しばってありますか?

     中身がこぼれることがありますので、必ず口をしばって出してください。

 

 

○ 新品、古着を問いません。

 

○ 穴が開いている、破れている、シミが付いているものでも出せます。

 

○ 片方しかないもの(靴、靴下、手袋など)でも出せます。

 

○ ボタンやファスナーが取れていたり、壊れていても出せます。

 

 イラスト

 

 

お問い合わせ

生活環境課
清掃センター
電話:0558-62-0508