風しん注意報発令中

2013年4月10日

今年に入り、全国的に風しんが流行しています。

風しんは妊娠初期の女性がかかると、生まれてくる赤ちゃんが『先天性風しん症候群』という病気にかかってしまうことがあります。

耳が聞こえにくい、目が見えにくい、生まれつき心臓の病気がある、発達がゆっくりしているなど、赤ちゃんがそのような生まれつきの病気にならないよう家族みんなで風しんの予防接種を受けることをご検討ください。

 

生まれてくる赤ちゃんのために「風しんワクチン」(952KBytes)

お問い合わせ

健康福祉課
健康係
電話:0558-62-6233
ファクシミリ:0558-62-2493