重度障害者(児)の医療費について

2002年2月19日

重度障害者(児)医療費助成とは

 重度の障害のある方は、医療に対する助成があります。 

 

重度障害者(児)医療費助成制度は、重度の障害のある方に対し、保険診療の医療費の自己負担分を、町が助成する制度です。 

 

対象となる方は、次のとおりです。 

  1. 身体障害者手帳1級及び2級の方
  2. 療育手帳Aをお持ちの方
  3. 特別児童扶養手当1級に該当する児童
  4. 内部障害3級の身体障害者手帳をお持ちの方

 

対象となる保険診療は、次のとおりです。 

  1. 診察、投薬、手術等の保険診療
    (ただし、高額療養費に該当する場合は、その自己負担の限度額まで)
  2. 健康保険が適用される訪問看護
  3. 医師の指示に基づく、あんま、マッサージ等の理療処置
  4. 院外処方箋に基づく、院外薬局の薬剤一部負担金
  5. リハビリ等で必要なため、医師の診断に基づいて交付された各種の装具(治療用装具)の自己負担分

 

保険外診療で対象とならないものは、概ね次のとおりです。 

  1. 入院時の個室等の差額ベット代
  2. 保険未承認の医療行為(例 美容整形、保険未承認薬剤の処方等)
  3. 薬の容器代
  4. 個人的に通ったマッサージ等
  5. 入院時の食事代 自己負担金一人一月1医療機関当たり500円
    (院外処方の薬局の場合、自己負担金無し。)   

 

対象になる方は、健康福祉課より、通知いたします。

 

  

 

  更生医療とは

この制度は、身体障害者が医療機関に通院、入院し、機能障害を除去したり、軽減させるための医療です。なお、医療を受ける方の属する世帯の所得状況により、自己負担金が発生いたします。ただし、重度障害者(児)医療費助成制度に該当される方はその自己負担金も助成されされます。 

 

1 対象となる方 

身体障害者手帳をお持ちの方(18歳以上)

 

2 対象となる医療 

更生医療は、放置すれば身体障害の状態が永続する症状を軽減させるために給付されるものです。そのため、申請していただいてから、(その更生医療が有効かどうか)静岡県に判定していただくことになります。

 

代表的なものは、次のような医療があります。 

    • 視覚障害 … 白内障に対する、水晶体摘出術
    • 聴覚障害 … 外耳性難聴に対する、外字形成術
    • 肢体不自由 … 麻痺障害に対する、リハビリ療法や作業療法、関節機能全廃に対する、人工関節 
    • 置換術心臓機能障害 … 洞機能不全等に対する、人工ペースメーカー埋込術
    • 腎臓機能障害 … 腎機能不全に対する、人工透析(腹膜透析を含む。)
    • 小腸機能障害 … 小腸機能不全に対する、中心整脈栄養法

 なお、手続きの方法は、健康福祉課にお問い合せ下さい。

 

お問い合わせ

健康福祉課
電話:0558-62-6233