介護サービスの内容について

2002年2月1日

1 在宅でのサービス

 

●訪問を受けて利用する

・訪問介護(ホームヘルプサービス)

ホームヘルパーが訪問して、介護や家事援助などを行います。

 

・訪問入浴介護

浴槽を積んだ入浴車や、介護者が簡易浴槽を持って家庭を訪問し、入浴の介助を行います。

 

・訪問看護

看護師などが家庭を訪問し、医師の指示に基づいて症状の観察や床ずれの手当てを行います。

 

・居宅療養管理指導

医師・歯科医師・薬剤師などが通院(所)困難な方の家庭を訪問し、療養上の管理や介護方法の相談、指導を行います。

 

●通所して利用する

・通所介護(デイサービス)

デイサービスセンターにおいて、食事・入浴などの介護サービスや、機能訓練など行います。

 

・通所リハビリテーション(デイケア)

医師の指示に基づいて、理学療法士などが介護老人保健施設などにおいて、必用なリハビリテーションを行います。

 

●居宅での暮らしを支える

・福祉用具貸与

障がある方に、12種類の福祉用具を貸与します。

①車いす ②クッション、電動補助装具等の一定の車いす付属品 ③特殊ベット ④マットレス、サイドレール等の特殊ベット付属品 ⑤じょくそう(床ずれ)予防用具 ⑥体位変換器 ⑦手すり ⑧スロープ ⑨歩行器 ⑩歩行補助杖 ⑪認知症老人徘徊感知機 ⑫移動用リフト(吊り具を除く)

 

・特定福祉用具販売

下記の福祉用具をを購入したあと必要と認められた場合に、9割分が保険給付となります。(年間10万円を限度)※償還払い

 ①腰掛便座 ②特殊尿器 ③入浴補助用具 ④簡易浴槽 ⑤移動用リフトの吊り具

 

・住宅改修費支給

必要と認められた場合、原則として1軒につき20万円まで保険給付の対象となります。対象となる改修項目か下記のとおりです。※償還払い
 ①手すりの取付け ②段差の改修 ③滑りの防止、移動の円滑等のための床材変更 ④引き戸等への扉の取り替え ⑤洋式便器等への便器の取替え ⑥その他、これらの各工事に附帯して必要な工事

 

※償還払いとは?

福祉用具の購入費や住宅改修費を利用者が全額負担し、後日領収書等必要書類を添付し、健康福祉課まで保険給付のための申請をしていただきます。その後、指定された口座に、かかった費用の9割分を役場より振り込ませていただきます。ただし、必要と認められない場合は給付の対象となりませんので、購入前や改修前に、介護支援専門員にご相談下さい。また、福祉用具購入のときは購入した用具のカタログのコピー、住宅改修の時は介護支援専門員の意見書が、保険給付の申請のときに必要となりますので、あらかじめご了承下さい。

 

●短期間入所する

 ・短期入所生活介護(ショートステイ)

介護者の一時的な理由などにより自宅での介護が困難になった時、特別養護老人ホームなどに短期間入所し、入浴・排泄・食事など日常生活上の世話や機能訓練を行います。

 

・短期入所療養介護(ショートステイ)

介護老人保健施設などに短期間入所し、医学的管理のもとで看護・介護・リハビリテーションなど、その他必要な医療及び日常生活上の世話を行います。

 

●在宅に近い暮らしをする

・特定施設入居者生活介護

有料老人ホーム等に入居している高齢者に、日常生活上の支援や介護を提供します。

 

2 施設サービス

 

※要介護1~要介護5の認定を受けた方が対象です。要支援1・2と認定を受けた方は利用できません。 

 

●施設に入所する

・介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

寝たきりなどいつも介護が必要で、自宅では介護を受けることができない方が対象の施設です。介護や日常生活上の世話が行われます。医療行為はほとんど行われません。原則として、住民票も移していただきます。

 

・介護老人保健施設(老人保健施設)

症状が安定期にある方に対し、おもにリハビリや介護、日常生活上の世話を行う施設です。一定期間ごとに入所期間の見直しが行われます。

 

・介護療養型医療施設(療養病床等)

長期間にわたり療養が必要な方が対象の介護体制の整った医療施設(病院)です。

お問い合わせ

健康福祉課
電話:0558-62-6233