ごみを出すときは、決まりをよく守りましょう!

2002年1月31日
  1. ごみは、燃えるごみと分別収集対象物に分けて出してください。
  2. ごみは、指定の袋に入れて、口をしっかり結んでください。
  3. ごみの大きさは大きくても主婦が片手で持てるくらい(5~6㎏まで)にし、大きな箱はつぶして小さくしてください。
  4. 台所の生ごみは、よく水切りしてから出してください。
  5. 動物性食用油は、布や紙にしみこませて袋に入れて可燃ごみとして出してください。
  6. 植物性食用油は、空きボトル等の容器に入れ蓋をして、可燃ごみの日に出してください。      
  7. 庭の草は、庭に埋めるか、枯らしてから袋に入れて出してください。
  8. 庭木の剪定した枝などは、適当な長さに切って束ねるか、枯らしてから焼却場に運んでください。
  9. 木製の家具は、壊して小さくしてから可燃ごみとして出すか、そのまま焼却場に運んでください。
  10. ふとんや畳は、自ら焼却場へ持ち込んでください。
  11. ビン・カン・ペットボトルなどの容器は、空にして水洗浄してから出してください。
  12. スプレーカンやカセットボンベは、必ず穴を開けてから出してください。
  13. 使用済み乾電池は、公民館等においてある専用容器又は、小中学生が回収するので袋に入れて小中学生に頼んでください。
  14. ごみの集積場所は、いつも清潔にして近所に迷惑をかけないようにしましょう。
  15. 多量(70㎏以上)の可燃ごみは、午前8時30分から午後3時(土曜日は午前11時)までに自ら焼却場へ持ち込んでください。
  16. 多量(70㎏以上)の分別収集物は、自ら清掃センターへ持ち込こんでください。
  17. 解体した建築物の木くず、トタン、瓦、ブロック、がれきなどは、産業廃棄物処理業者に処理を委託してください。
  18. オートバイ、自動車、タイヤ、バッテリーなどは、業者に引き取ってもらいましょう
  19. 自動車修理工場、自転車店、電気店、水道工事店、工務店などで、事業活動に伴って出た不燃ごみ(産業廃棄物)は、集積場所には出さないでください。

 

 

ごみの減量化にご協力をお願いします!

  1. 生ごみは、庭や畑に埋けて堆肥にしましょう。
     (※ 町では、生ごみ処理機購入費の補助をしています。) 
  2. 資源ごみ(新聞紙、布類、ビン、アルミ缶など)は、回収業者を利用しましょう。
  3. 家電製品などの買い替えの際は、下取りをしてもらいましょう

 

 ごみをみだりに処理場以外の場所に捨てると法律により処罰されます!!

      《廃棄物の処理及び清掃に関する法律第127条》

 

 ごみに関するお問合せ先 ・・・ 

  南伊豆町清掃センター  南伊豆町湊1696  TEL62-0508 

 

 

お問い合わせ

生活環境課
電話:0558-62-6222