下水道の利用

2002年4月26日

ちょっとした気配りで快適な暮らしに…

 

下水道はなんでも流せるものではありません。下水道は生活環境をよくするための公共の財産です。一人ひとりが注意して大切に使いましょう。

 

  • 野菜くずなどを流さないようにしましょう。
  • 台所、風呂場、洗濯場などの排水口から野菜くず、油類、毛髪、布くずなどを流さないようにしましょう。 
  • 水洗トイレでは、トイレットペーパー以外の紙、タバコやガム、ビニールなどを流さないようにしましょう。
  • 有害物質を流さないように!ガソリン、シンナー、石油、アルコール類など、揮発性の高い有害物質、危険物を
    流すと管の中で爆発したり、管を傷めることがあります。
  • 排水設備には台所などの排水設備には防臭装置(トラップ)が付いています。悪臭が感じられたら排水口の
    清掃を行い、それでも臭気が治まらない時は指定工事店に相談しましょう。
  • マスや排水管の点検もしましょうマスや配水管に汚泥が沈殿したり、付着して流れが悪くなることがあります
    ので、最低年1回は点検・清掃をしましょう。
  • お願い
    合成洗剤に含まれているリンは、クリーンセンターで処理しても取り除くことが困難です。無リン洗剤を使うよう
    に心がけましょう。ディスポーザ(食品くず処理装置)は、評価機関の適合評価を受けたシステムをご使用くだ
    さい。 
  • 排水管がつまったら指定工事店に依頼しましょう。

お問い合わせ

生活環境課
電話:0558-62-6270